アトピーの症状を悪化させない為にする事

アトピーの症状を悪化させない為にする事

アトピーの原因はアレルギー体質で有る事が殆どですが、少し気を付ける事で辛い思いをしなくて済ませたいです。

 

アトピーの症状を悪化させやすい食べ物の代表的な物に「牛乳や卵」「チョコレートなどナッツ類」などがあります。

 

その他に蕎麦や豆類なども有るので反応が出る人もいます。

 

これらの物は「洋食」なんですね!!

和食はアトピーに良い?

和食は世界的にも健康食で「ビタミン・ミネラル・タンパク質・脂質・炭水化物」バランス良く摂取する事ができて、アレルギー反応を起しにくいのでアトピー反応も起しにくい。

 

アトピーでお悩みの方は、普通の和食よりもビタミンなどが豊富に入ってる雑穀米や玄米を食するのがおすすめ、「ほうれん草・人参」など緑黄色野菜や「ゴマ・海藻」なども良いとされてます。

 

辛い痒みとの戦い

アトピーの始まりは、アレルギー性の皮膚炎ですが痒みが有ります。痒さが我慢できず掻いてしまうと、その時は気持ち良いのですが肌を傷付けて悪化させてしまいます。

 

アトピーの人が掻きむしってる所を見た事ある人は分かると思いますが、血が出るくらいです。

 

どんなに良い薬やケア製品を使い続けても、掻きむしって肌を傷つけたら間に合いません。

 

熱いシャワーとの付き合い方

 

痒い所を掻きむしるとなぜ気持ちがいいのでしょう?それは肌を傷付ける事で刺激を与えるからです。

 

痒い場所に、ドライヤーの熱やシャワーの熱を与える事で、丁度良い刺激を広範囲に与えて、気持よくそして痒みを抑える事ができます。

 

アトピーにシャワーは良くないって一般的に言われますが、言われる理由は「熱」と「乾燥」です。熱に関して言ってしまうと、火傷刺せるわけではないのと、我慢できず掻きむしってしまう事と比べたら肌への被害はとても少なく、乾燥してしまう事に関しては入浴後にしっかりと保湿すれば良いのです。

 

アトピーの症状が重くなると治るまでの期間も長くなり、その間の苦痛から耐える為には工夫も必要です。

 

⇒ 入浴後のケアにはオイズオールインワン